漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  東京都内で評判の不妊漢方薬局リスト >  若草漢方薬局

若草漢方薬局

薬局名 若草漢方薬局
所在地
アクセス
東京都千代田区神田須田町2-15 215ビル1階JR秋葉原駅(中央改札口)から徒歩3分、日比谷線秋葉原駅(5番出口)から徒歩2分、都営新宿線岩本町駅(A3出口)から徒歩2分
営業時間 午前10時~午後6時(木曜・日曜は定休日)
症状 更年期障害、生理不順、整理通、不妊症、冷え性、腰痛、頭痛、ニキビ、食欲不振、血色不良、胃腸虚弱、疲労回復など
特徴 女性の健康と美容のための漢方薬局。薬剤師も女性で、丁寧なカウンセリングが評判です。

女性薬剤師による、女性のための漢方薬局

女性の健康と美容のサポートをモットーにしている「若草漢方薬局」には、2名の薬剤師がいます。どちらも女性で、中医師免許は持っていませんが、日本薬剤師会認定漢方薬・生薬認定薬剤師を保有しています。

漢方薬のタイプやテイストに関する相談も可能

若草漢方薬局の特徴は、30~40分の時間をじっくりかけたカウンセリングを行っている点です。

カウンセリングシートに、体調の悩みや変化を記入すると、それらの疑問や不安に詳しく答えてくれます。顔色や舌の状態からも、体質などを診察して、生活のスタイルや症状、予算に合わせて処方する漢方薬を決めるそうです。

扱っている漢方薬は、煎じ薬やエキス顆粒などで、さまざまなタイプが存在。もし、苦手なものがあれば、相談してみることをおすすめします。

タイプによっては、その場で試飲することも可能。味や匂いのテイストなど、飲み続けられるものかどうか試せるので、自分に合った漢方薬を見つけやすいシステムになっています。

丁寧なカウンセリングだけに、時間もかかります。予定や時間に余裕があるときに行く方が良いでしょう。また、電話で予約を取ることも可能。完全予約制ではありませんが、自分の希望する時間帯に確実にカウンセリングを受けたい場合は、予約を取っておくとスムーズだと思います。

漢方薬以外の商品もバリエーション豊富

女性向けの漢方薬局ということもあり、漢方薬以外にもさまざまなものを取り扱っています。

オリジナルの漢方茶を販売しており、「清香茶(せいこうちゃ)」と「宝実茶(ほうじつちゃ)」の2種類のフレーバーがあります。どちらも、クコやナツメなどの滋養効果がある素材をブレンドしており、気分転換などに良さそうですね。

また、薬局内ではアロマテラピーを実施。2名いる薬剤師は、どちらも日本アロマ環境協会アロマテラピー検定1級の資格を持っています。
商品も取り扱っていて、オーガニックのアロマオイルや、入浴剤などのバスグッズ、アロマディフュザーなどがあります。

スキンケアやメイク用品も取り扱っており、それらもオーガニックコスメや肌に優しいミネラルコスメなので、漢方薬の処方のついでに見ても楽しそうですね。

不妊ケアにも定評がある!口コミ情報

不妊やスキンケアなど、女性の悩みに定評が若草漢方薬局の口コミを紹介します。

  • 学生のときにダイエットをしていたせいか、生理不順でした。生活のリズムも飲み会などが多くて不摂生気味ですが、妊娠はしたかったので、若草漢方薬局に相談しました。胃腸が弱いという診断があり、生活習慣に関するアドバイスがあったので、実行してみました。それにあわせて、処方してもらった煎じ薬を服用し始めたら、3ヵ月後に妊娠できました!(30歳女性)
  • 前々から、頬や顎にニキビができやすく、消えてはまたできて…というサイクルを繰り返していた。ビタミン剤などを使って治療していたが、あまり効果がないようで、最近ではなかなか消えなくなっていた。薬局での診断は、仕事のストレスや運動不足などが原因ということで、アルミパックの漢方薬を処方された。出張が多かったため、アルミパックはとても便利で、3ヶ月間服用していたら、ニキビができなくなってきた。(36歳女性)
不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ