漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  漢方で妊娠しやすい体質に・体験談 >  管理人の不妊治療奮闘記 その1

管理人の不妊治療奮闘記 その1

管理人の不妊症克服!漢方日記 その1

私が主人と結婚したのが28歳の時。結婚前から、「子供は3人欲しいね。」と言っていました。その時は、赤ちゃんって欲しいと思ったらすぐできるものだと思っていました。

結婚してから、一刻も早く子供が欲しかったので、基礎体温をつけ、赤ちゃんを待ちました。でも1年経っても、2年経っても妊娠しませんでした。

まさか私が不妊なんて…

30歳になると、周りの友だちも続々とママになっていき、不安になっていきました。

そして、不妊症専門の病院に初めて足を踏み入れました。基礎体温が不安定、周期が長いなどの理由で、プレマリン、クロミッド、ルトラールなどホルモンの薬を飲みつつタイミングを計る治療をしていました。

当時、フルタイムの仕事を持っていたので、月に何度も仕事後に通院するのはかなり負担でした。ホルモンの薬は副作用や長期間の服用は危険があり、飲み続けるのは半年が目安だと言われました。しかし、妊娠に至ることなく半年は過ぎて行ったのです…。


専門病院での不妊症治療に限界

半年後、ホルモン治療をお休みすると共に、人工受精や体外受精のステップアップを考えるように提案されました。

人工授精で1回1~3万円、成功率が1割くらい。体外受精で30~50万円、成功率が2、3割。経済的負担も大きいし、そこまでしないと妊娠できない自分に対し「欠陥品」という言葉が浮かび、苦しい日々が続きました。主人は「気長に行こう」と優しく言ってくれていましたが、その時の私に気持ちの余裕はありませんでした。


「人工的な治療」に疑問…

そんな中、漢方による不妊治療があるということを知りました。まずは、インターネット窓口に症状を書いて、通販のものを試飲してみたり、実際にいくつかの漢方薬局にも行ってみました。

しかし、いずれも金額が高額だったことや、周りに漢方薬を飲んでいる人がいなかったこともあり、これでは妊娠は難しいかな…と、一度行ったきり、足が遠のいてしまっていたのです。


これが転機!漢方薬局との出会い

ある時、久しぶりに会った先輩に「子供は考えているの?」と聞かれました。改めて人からそう聞かれるとショックではありましたが、欲しいけどできないこと、人工授精や体外受精には抵抗があることを話しました。

すると先輩も長い間子供ができず、体外受精で1人目を授かり、2人目は漢方で体質改善して自然妊娠したと言うのです。初めて、身近に漢方経験者がいたことで、私の気持ちは大きく動きました。先輩の通っていた漢方薬局は偶然にも仕事先から近く、一度行ってみようと思って予約を取りました。


「幸福薬局」を紹介してもらいました

カウンセリングルーム

帝国ホテル内にある「幸福薬局」はまるでサロンのような安らげる雰囲気。料金が明確に表示されていること、女性の医師がいるなど、私の想像とはまるで違いました。

個室でゆっくりと話を聞いてもらい、生理の状態だけでなく、食事の好き嫌い、便通、冷え症などについても詳しく聞かれました。どうやら体質を判断するために必要な情報のようでした。

 

今まで行った漢方薬局とは、カウンセリングの質が違うな…(というと失礼かもしれませんが、汗)先輩の助言もあり、本当に心から安心して、今までの不妊の悩み、やってきた治療などを全て話すことができました。

不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ