漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  不妊に効果的な漢方薬 >  当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」という漢方薬は、血行をよくして身体をあたため、貧血症状を改善する生薬といわれています。具体的に効果があると言われているのは以下の通りです。

  • 不妊症
  • 冷え性
  • 貧血
  • めまい
  • むくみ
  • 倦怠感
  • 生理不順
  • 生理痛
  • 切迫流産

他にも、下痢や頭痛、肩こりや低血圧の改善などに効果が期待できます。

一般的に、女性が服用することが多く、体力のあまりないタイプの人に向いているとされる漢方薬です。この他、更年期障害、疲労感にもよい効果を発揮するとされています。

当帰芍薬散の成分はどんなもの?

「当帰芍薬散」は、どんな生薬成分でできているのでしょう。漢方薬は成分の名前がそのまま漢方薬の名前になっているパターンが多いのですが、成分がそれだけというわけではありません。

  • 当帰(とうき)・・・セリ科のカラトウキの根
  • 芍薬(しゃくやく)・・・ボタン科のシャクヤクの根
  • 白朮(びゃくじゅつ)・・・キク科のオケラの根茎
  • 沢瀉(たくしゃ)・・・オモダカ科のサジオモダカの根茎
  • 川きゅう(せんきゅう)・・・セリ科センキュウの根茎
  • 茯苓(ぶくりょう)・・・サルノコシカケ科のマツホドの菌核

胃腸が弱い人は慎重に服用する必要があるので、カウンセリング時には伝えるようにしましょう。

「当帰芍薬散」が不妊治療に用いられる理由

「当帰芍薬散」は、なぜ不妊治療に用いられるのでしょうか。

妊娠するためには多くの血液が必要になります。ところが、女性は月経によって血液が不足してしまうことがあります。それは不妊の原因の一つだと言われています。
また、水分がうまく排泄できずに余分な水分が溜まっている状態は身体が冷えやすく、循環が悪くなることから、それも不妊の原因だと言われているのです。

「当帰芍薬散」は、それらの原因の二つを解消してくれる漢方です。血と水分のめぐりを良くしてくれる働きを持っているとされ、古くから“女性のための聖薬”と言われるほど、女性特有のマイナートラブルに効果があるのです。

ですが、「当帰芍薬散」は、胃腸の弱い人にはあまり向かない、などの向き不向きもあるので、少しでも違和感があったら相談するようにしてくださいね!信頼できるカウンセラーに相談して、自分の合う漢方を処方してもらうことが得策なのです。

不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ