漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  不妊に効果的な漢方薬 >  参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)は、滋養強壮薬といわれています。熱エネルギーを作りだし、全身に供給してくれるのです。どういった効果があるのかは、以下の通りです。

  • 不妊症
  • 虚弱体質
  • 貧血
  • 生理不順
  • 肉体疲労
  • 病後の体力低下
  • 胃腸虚弱
  • 食欲不振
  • 血色不良
  • 冷え性

この「参茸補血丸」は、服用の仕方がオモシロイのですよね。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、噛んで食べる漢方薬なのです。半分に切って、ムシャムシャ食べるような薬なのですが、ねっとりして口に残るので、服用の仕方も工夫が必要です。漢方で味がすごくおいしいものなんて少ないので、仕方ないのですが・・・。

参茸補血丸の生薬成分って何がある?

「参茸補血丸」の生薬成分は以下の通りです。

  • 人参(にんじん)・・・オタネニンジンの根
  • 鹿茸(ろくじょう)・・・オス鹿の生え始めの幼角を乾燥させたもの
  • 杜仲(とちゅう)・・・トチュウ科トチュウの樹皮を乾燥させたもの
  • 巴戟天(はげきてん)・・・アカネ科ハゲキテンの根を乾燥させたもの
  • 黄耆(おうぎ)・・・豆科キバナオウギの根
  • 当帰(とうき)・・・セリ科のカラトウキの根
  • 竜眼肉(りゅうがんにく)・・・ムクロジ科リュウガンの仮種皮
  • 牛膝(ごしつ)・・・ヒユ科ヒナタイノコズチの根

「杜仲」は、お茶でも有名ですよね。血圧下降、利尿作用、関節痛改善などの効能があると言われています。「鹿茸」は滋養強壮の効能を持ち、長寿不死の神薬とも言われている生薬です。

「参茸補血丸」が不妊症に効く理由

不妊治療として利用される「参茸補血丸」は、どういう効果が期待されているのでしょう。

まず、生理周期を安定させる働きがあると言われています。「無排卵」「無月経」の状態のときに、生理や排卵を引き起こすきっかけを作るともいわれ、身体を温めて体温全般を上げてくれるようです。黄体ホルモンの働きを補佐し、高温期の体温上昇を維持してくれます。なので、周期療法の場合は高温期に服用するのがオススメの漢方です。

また、場合によっては低温期の服用も、オススメします。よりよい卵子と厚い子宮内膜を作るのを助けてくれるとされているからです。

そういった服用のポイントは、何よりまず漢方薬局の相談窓口でカウンセリングしてもらうことです。あなたの体調・体質に合った処方と、服用ポイントを教えてくれるはずですから、しっかり相談してみましょう。

不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ