漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  不妊に効果的な漢方薬 >  補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

「補中益気湯」は胃腸の働きをよくして体力を回復させ、身体を元気にする作用があるとされている漢方薬です。効果がある症状は以下の通りです。

  • 不妊症
  • 食欲不振
  • 脱力感
  • 下痢
  • 息切れ
  • 虚弱体質
  • 病後の改善
  • 頭痛
  • 子宮下垂
  • 不正性器出血
  • 流産

夏やせや病中・病後、手術後などの体力が弱っているときにも用いるようです。元気が足りないときに服用するものなので、強壮な人、体力のある人には不向きです。ゾクゾクする風邪や悪寒、のぼせ性の人にもあまり向いていないようです。

補中益気湯に含まれる生薬成分とは?

「補中益気湯」に入っている成分には、どんなものがあるのでしょう。

  • 黄耆(おうぎ)・・・マメ科のキバナオウギの根
  • 人参(にんじん)・・・オタネニンジンの根
  • 白朮(びゃくじゅつ)・・・キク科のオケラの根茎
  • 甘草(かんぞう)・・・マメ科のカンゾウの走根
  • 当帰(とうき)・・・セリ科のカラトウキの根
  • 陳皮(ちんぴ)・・・ウンシュウミカンの果皮
  • 昇麻(しょうま)・・・キンポウゲ科の根茎
  • 柴胡(さいこ)・・・セリ科の根
  • 大棗(たいそう)・・・クロウメモドキ科の果実
  • 生姜(しょうが)・・・ショウガの根茎

構成生薬はそれぞれに持つ特性を補い合いながら効果を出しています。「人参」は滋養強壮作用がありますし、「陳皮」や「生姜」は胃腸の働きをよくする効果があるといわれています。

補中益気湯を用いた不妊治療のポイントは?

実はこの「補中益気湯」、不妊治療に関しては男性に用いられることが多い漢方なのです。「補中益気湯」は、性ステロイド代謝系に強く作用します。精子の数や運動率を改善する効果がある漢方とされているのです。

また、男性ホルモンのテストステロンという物質の分泌も良くしますが、女性ホルモン値も正常化するという作用もあるので、夫婦ともに服用を勧められることもあります。
この他、食欲があまりない人、胃が弱い人、気力が湧かない人などにも向いている漢方なので、体力を回復してからの妊娠を目指して、服用を勧められるということもあります。

どの漢方にもいえることですが、体質との相性があるので、漢方薬局などでカウンセラーに相談してから試すようにしてくださいね。

不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ