漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  不妊に効果的な漢方薬

不妊に効果的な漢方薬

不妊・不妊症に有効な漢方薬って?

不妊治療をしている人は、国内で47万組ともいわれています。不妊は、不妊自体が「病気」ではないのですから、誰にでも起こりうることなのです。
そうは言っても「どうして私だけ・・・」と落ち込むこともあります。たくさんのカップルが努力していることを、心のどこかに置いて乗り越えて行きたいですね。

不妊治療のアプローチの仕方は様々です。西洋医学だと、ホルモン療法、タイミング療法、高度生殖医療、人工授精、体外受精、代理出産、排卵誘発法など、ご存知の方も多いでしょう。

不妊治療の難しいところは、簡単に原因がわかるわけではない、というところと原因が分かったところでスピーディーに改善できるわけではない、というところと、最終的な妊娠は神さまに委ねられている、というところだと私は思っています。そう考えると、人の命は本当に奇跡的なものだと感じますよね。

自然に妊娠したいなら・・・まずは漢方

そんな奇跡的な命が、努力によって授かるかもしれないのなら、前向きにいきましょう。私は、できることは何でもやろう(でもできるだけ自然に身体に優しく)と思っていました。

それぞれの女性が数ある不妊治療(医療行為)を進めていく中、『漢方』は東洋医学からのアプローチで、身体の調子を整えるところから始めるという発想に基づいています。多くの女性は「自然に妊娠したい」と望んでいることでしょう。できるだけ医療行為による治療が少ないまま妊娠したい、自然の力を利用したいと思う方にとって、『漢方』は強い味方です。

その漢方も、不妊に対してのアプローチの仕方は様々です。それぞれの特性を活かして上手に利用してくださいね。専門家に漢方を効果的に処方してもらい、上手につきあっていきましょう。

カウンセリングで自分にあった漢方薬を

不妊に活用される漢方薬はその薬の持つ効果や患者さんの症状に分かれて、たくさんあります。最も大切なことは、専門家のカウンセリングを受けて、自分に合うものをタイミング良く身体に取り入れることです。

例えば、「冷え」には温経湯(うんけいとう)、当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)などいくつかありますし、「ストレス」には加味帰脾湯(かみきひとう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、男性不妊には桂枝加龍骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)・・・舌をかんでしまいそうな難しい名前ですが、それぞれ専門の漢方医があなたの体調に合う処方をしてくれるはずです。

不妊治療に処方される漢方薬の代表的なものを紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ