漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  漢方薬で不妊治療の基礎知識 >  不妊症に漢方がおすすめな理由

不妊症に漢方がおすすめな理由

不妊症治療に漢方がおすすめである理由は、専門家の方はそれぞれに意見を持っておられると思いますが、私が漢方を使って不妊治療をした1人としてオススメする理由は、ただ一つ。

「より自然に近い妊娠を望んでいたから」です。

西洋医学の薬は、化学合成によって疾患を緩和させる成分を作り出しています。それに対して漢方は人々が歴史の中で経験を積んで「この薬草はこれに効く」「この薬草と薬草はお互いに働きを助け合う」という結果の集大成なのです。

どちらがより自然に近いか、ということを考えると、どうしても漢方を選びたくなってしまいますよね。

市販のものより、漢方薬局の方が効果が絶大

漢方薬のよいところは、飲み続けていると体調が良くなるところです。病院で処方された不妊治療の薬のせいで体調が悪くなるという副作用もあるようですが、漢方は違います。

そもそも不妊症を病気として捉えた治療をせず、「体調を整える」ということに主眼を置いています。直接的な治療というより、土台作りをしているのです。

もちろん、どんな薬もどんな漢方も、きちんとした専門家が正しい処方をしてくれない限り、副作用が発生する可能性があるのは同じです。漢方だから安全、とやみくもに信じるのも危険ではあります。親身になってあなたの症状や生活習慣を聞いて相談にのってくれる漢方専門の薬局を見つけることが重要になってくるのです。

よくドラッグストアなどに市販の漢方薬が売られていますが、やはりきちんと漢方薬局でカウンセリングを受けて処方されたものとは生薬の効果が違います。

時々、保険適用のものもあるので色々効果を調べてみましたが、妊娠に至る効果が期待できるのは、やはり漢方専門薬局のもの。不妊症に効く確率は、市販や保険適用のクリニックのものより、はるかに高いようです。

統合医療という考え方と漢方の役割

人工授精、体外受精、顕微授精などの医療技術のおかげで妊娠したという人もたくさんいます。そういった技術も当然取り入れて妊娠に繋げていきたいという想いを持つ人もたくさんいます。

なので、それらの西洋医学と、漢方の療法を取り入れて「統合医療」といわれるような治療を施す医師もたくさんいます。

根本を考えてみると分かることがあります。自然の妊娠は「母体が整い、赤ちゃんを作る準備ができました」というメッセージです。どんなに人工授精や体外受精や顕微授精を行っても、母体の準備が整っていなければうまくいかないのです。その意味でも、漢方の「身体を整える」という力は、私たちに希望を与えてくれるのです!

不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ