漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  漢方薬で不妊治療の基礎知識 >  高齢不妊の方の妊活とは?

高齢不妊の方の妊活とは?

高齢の方が不妊治療を行う際には、体の中から体調を整えていく方法によって妊娠を目指すものと、体外受精や人工授精などの方法が挙げられます。

以下に紹介する方法は、複数組み合わせて治療を行うことも可能です。症状の程度や重さに合わせて、あるいは生活スタイルや体質に沿って最適な治療法を選択することが、不妊症を克服するための理想的な方法となります。

栄養素やサプリメントで体調を整える

妊娠するためには、体の中から妊娠しやすい体質に整えていく必要があります。女性ホルモンの働きをよくする大豆イソフラボン、血行を良くするしょうが、滋養強壮におすすめのマカなど、普段の食事にサプリメントを加えるだけで、手軽に妊活を進めていくことができます。

亜鉛など、女性だけでなく男性にもおすすめの栄養素は、夫婦そろって摂取するのにふさわしい栄養素です。また、必須栄養素であるビタミンB群なども、体の内側から健康を推進し、妊娠に必要な造血作用をもたらしてくれます。

体外受精・人工授精で妊娠を目指す

不妊治療では、大きく分けて「人工授精」「体外受精」「タイミング法」などの処置がとられます。

人工授精は精子を採取し子宮内に注入する方法で、体外受精は卵子を取り出して精子を振りかけ、受精させる方法です。タイミング法はエコーで排卵日を予測し、そのタイミングで性交を行うことでスムーズな受精を目指すという方法になります。

いずれも通常の性交以上に妊娠の確実性を上げる方法なので、高齢出産で悩んでいる夫婦にとって適した選択肢と言えるでしょう。

漢方で妊娠しやすい体をつくる

漢方薬によって妊娠しやすい体質をつくるという方法もあります。これはサプリメントや人工授精などと併用することも可能なので、妊娠しづらい体質の方に向いています。

体に血液が少ない方の場合(貧血症や顔色が悪い方など)は、「当帰芍薬散」「加味帰脾湯」などの漢方を使って血のめぐりを良くしていきます。

血液は十分に足りているけれど滞りがみられる場合には、「桂枝茯苓丸」「温経湯」などの漢方を使い、冷えや血の循環を上げていきます。

他にも、ストレスを克服するための「八味地黄丸」過労などによる肉体疲労を癒す「補中益気湯」など、症状に合わせてさまざまな漢方が処方されます。

漢方外来を受診すれば、症状に合わせて不妊治療に最適な漢方を選んでもらえます。

不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ