漢方で不妊を改善!東京都内の漢方薬局リスト

HOME >  漢方薬で不妊治療の基礎知識

漢方薬で不妊治療の基礎知識

男性不妊と女性不妊、それぞれに効く漢方について・・・

不妊治療を考えている方はいろいろな方法で勉強している方が多いかと思いますが、漢方による不妊治療の基礎知識も確認しておきましょう。

 

漢方からみる不妊治療アプローチとは?

不妊治療には西洋医学からのアプローチと東洋医学からのアプローチがあります。主に西洋医学は外科的な治療や投薬治療などを行いますが、東洋医学の場合は、体を整えるという根本治療を目指します。その手段として鍼灸・漢方などがあるわけです。

ホルモンのバランスを整えたり、基礎体温を上げたり、排卵を促したりするために漢方は効果的な治療法です。自然な形での妊娠を望む女性も多いですよね。体に負担の少ない漢方の不妊治療は私もお勧めですし、実際に不妊治療をする医師も西洋医学的な治療と一緒に漢方を処方することも多いようです。

女性と男性、どういう治療をするの?

女性の不妊

漢方の治療で不妊を克服するために目指すのは、女性だと「子宮の温度」です。血流をよくすることで、卵巣機能を改善し、質のよい卵子を作れるようにします。昔から言われていることですが、女性は体を冷やすのが大敵です。特に足首や腰周りは冷えないように普段から気をつけるようにしましょう。

男性の不妊

一方、男性はどういう治療をするかというと、「肝臓の熱をとる」になります。肝臓の熱をとることで精子の数を増やし活動力を高めるようにします。なぜ熱をとるのかというと、熱で精子を殺してしまい、数が少なくなってしまうのです。もともと精子の数が少ないという人もいますが、これらは生活の不摂生からくることが多いともいわれています。暴飲暴食などが原因になるという説もあります。

結論としては女性も男性も、普段から健康に気を配って、健康的な生活をすることが妊娠につながるようです。

漢方薬で不妊治療を行うポイントは?

漢方の考え方として、「気・血・水」を整えるというポイントがあります。

  • 血の通りを良くする
  • 血の質を良くする
  • 身体のエネルギーの通りをよくする
  • 身体のエネルギーを補う

という方法です。これらの治療は、どういう順序で、どういう組み合わせで、どういうタイミングで行うのか、ということも大切になってくるのです。妊娠も当然「気・血・水」という考え方が大切です。

特に血液は妊娠するときに重要なものです。血流を良くし、貧血を改善し、血液そのものの質を良くすることが、妊娠につながるといわれています。漢方の力を借りて、妊娠に繋げられるよう、カウンセラーとよく相談しながら身体にあった漢方を選んでくださいね。

不妊漢方薬局おすすめ3選
薬石花房 幸福薬局
カウンセリング
完全予約制の個室で、じっくり丁寧なカウンセリング
専門性
不妊症治療に定評あり。全員が中医師免許の有資格者
費用
初回カウンセリング3000円~
※担当医によって異なる
漢方薬代は700円/日~
玄和堂診療所
カウンセリング
丁寧なカウンセリングが評判。ただ予約がなかなかとれないことも
専門性
不妊治療で有名。中医師免許の有資格者による診療
費用
初診料3000円、再診料700円
漢方薬代(煎じ薬)600円/日~、エキス剤300円/日~
薬日本堂
カウンセリング
専任担当制なので同じ方がずっと担当してくれる
専門性
全員が有資格者ではないものの、多くの薬剤師が在籍
費用
要問合せ